「十人十色ゲーム」のすすめ方

ここでは、「十人十色ゲーム」の進め方を説明します。説明は、Step1~Step4の4パートに分かれています。

3.【ゲームの実施】:40分程度

1)以下の1.~9.の手順に従い、ゲームの第1ラウンドを実施します。

  1. 各チームは「対象者(他のメンバーが〈好み〉を予想する対象者)」を決め、
    「対象者」は教室の外で待機します。
  2. ファシリテーターは、「問題シート」の中から1枚を選びます。
    *特に、第一ラウンドで使う問題シートに決まりはありませんが、最初は「当てやすそう」な問題が  いいように思います。
  3. ファシリテーターは、教室の外にいる対象者(一人づつ)にシートを渡し、
    以下の例を参考に指示を出します。
  4. 「選択肢の中から〈自分の好み〉を1つ選び、その選択肢を◯で囲んでください。
    なお、選択する際には、〈今、実際に食べる(注文する)としたら、何にするか?〉と考えてください。」
  5. 教室の中の各チームにも、同じシートを渡します。
  6. 全チームにシートが渡ったら、ファシリテーターは以下の例を参考に指示を出します。
  7. 「まず、メンバー一人一人が、選択肢の中から「自分の好み」を表明し、何人がどの選択肢を選んだかを記録してください。
    続いて、その結果を参考にしつつ、教室の外にいる対象者の「好み」を全員で予想し、選択肢の中の1つを◯で囲んでください。
    以上の作業を1分以内で行ってください。」
  8. 1分後、ファシリテーターは全チームが結論を出したことを確認した上で、
    以下の指示を出してください。
    *経験上、「1分」で終了しないことが多くあります。その場合でも、全チームが結論を出してから、次のステップに進むようにしてください。
  9. 「さあ時間です。これ以降は予想を変更できませんので、筆記用具を置いてください。」
  10. 教室の外にいる対象者は、「自分の選択が見えないようにしながら」、教室に入ります。
  11. ファシリテータは、1チームづつ、「答え合わせ」を進めます。
    まず、「チームの予想を発表」し、続いて「対象者の選択」を公表します。
  12. 全チームの「答え合わせ」が終了したら、それぞれの得点をホワイトボードに記録します。

2)第1ラウンドと同様に、1.~9.の手順に従い、
  第2ラウンド以降を実施していきます。

  • 各ラウンドで使用する「問題シート」は、チーム全体の「正答率」を見ながら、「当たりやすそうな問題」と「当たりづらそうな問題」を適宜選んでいくことをお勧めします。
  • 基本的には、全メンバーが1回づつ「対象者」の役割につくまで、ラウンドをくり返します。ただし、チームの人数が異なる場合や、時間がない場合には、各状況に合わせて、実施するラウンドを調整します。
  • 各チームの得点バランスやゲーム性を考えて、「正解した場合には、2点とする」といったラウンドを設定することも可能です。
  • 予定したラウンドを終了したら、各チームの得点を確認し、優勝チームを決めます。

ダウンロード 問題を投稿する